ダハブ・屋台のコシャリとローカルカフェ【タビメシ】

 

旅をする中で純粋な楽しみとはなにか。

私ならこう答える—-メシだ。

異国の風に包まれながら食べるメシは、時としてそれそのものが至上の思い出となる。

 

エジプトはシナイ半島、紅海に面している町、ダハブ。

実に7年半ぶりとなる滞在だ。前回は2ヶ月ほどいたように記憶している。

 

この町の最も素敵な過ごし方を教えよう。

それは、「何をしよう」などと考えながらぶらりと歩くこと。

海があって、風があって、ゆったりとした空気に覆われている。

そんな小さな町で焦ることはないのだ。

 

何もしない日々に対する言い訳はさておき。

この日はダハブの中でもエジプト人を相手にするような、つまりローカルなエリアを散歩していた。

目的は行きつけのカフェに行くためだ。

カフェ、なんて言い方をすれば洒落て聞こえるが、その実オッサンどもがシーシャとお茶を飲んで喋っているだけの場所。

そこに混じって、同様にシーシャを吸い、お茶を飲むのだ。私もまた、オッサンだ。

 

到着した頃には、太陽が高く昇っていた。

そう、飯時。空腹。

 

カフェではサンドイッチを出すけど、今日はそういう気分ではないんだよなぁ。

いっそのこと、食堂でテイクアウトしちまうか?

・・・いや、違った。

コシャリって手があるじゃないの。

向かった先はカフェから10mほど離れた屋台。

屋台とは言っても、小さなカートのような簡素なものだ。

 

おっちゃん、コシャリ一つおくれ。

辛さは控えめ、フライドオニオンマシマシね!

 

店主が屋台中央にある大鍋の蓋を開ける。

もわぁと湯気が視界を塞ぐ。然るのちにやってくるのはたっぷりのトマトソースとその暴力的な匂い。

ご飯の入った容器にトマトソースを。

レモン汁。スパイシーソース(少なめ)。

そして、フライドオニオンをどっさり。

 

注文してからわずか15秒。

エジプトの国民食、コシャリ。

今日はこいつで腹を満たしてからお茶とシーシャだ。

 

カフェで席を取り、早速頂く。

スプーンでさっくり混ぜて、口に運ぶ。

フライドオニオンの香ばしい風味。トマトソースの旨味。レモンの爽やかさにちょっぴりの辛さ。

何より、ほうと一息つける優しい味わい。

見た目は地味だっていうのに・・・やるじゃないの。

ご飯は米だけではなく、スパゲッティとマカロニ、さらに数種の豆も混ざっている。

「炭水化物の塊」と言ってもいい。

だけど、異なる食感がこれまた楽しくてどんどん食べ進めてしまう。

こういう無骨な感じ、実に国民食らしい感じがするよなぁ。

 

気がつけば、ペロリ。

お値段25ポンド。大体150円といったところか。

この値段もまた、国民食たる所以なのかもしれないな。

 

では、引き続きお茶とシーシャを楽しみますか。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2018 SEKAI NO HAJIMARI All Rights Reserved.