人はなぜ、旅をするのか【日本】

 

2018年3月6日、福岡発香港行き。

約15kgのバックパックを一つ。

 

これから先、どこに行くのか、何をするのか・・・考えも何もあったものではない。

ただ、漠然と旅がしたかった。

 

多くのいわゆる名所を訪ねた。多くの旅人や現地の人々に出会った。

様々な文化や考えに触れて、たくさんの刺激をもらった。

だけどそれは、旅に出る前に想定していたものではなかった。

全くの想像外からの一撃。

ワクワクするようなクリティカルヒットは、どこかにあるはずだ。

そんな一撃を求めて、旅をするのかもしれない。

 

 

香港で泊まった重慶大厦。久しぶりのバックパッカーの感覚を思い出させてくれた。

中国の安くて美味い飯はおかえりと言ってくれたような気がした。

タイのXP旅は自分の中の新しい可能性を感じた。

ラオスの友人は8年前と変わらない笑顔で迎えてくれた。

ミャンマーの鉄道から見た夕日。意味もなく心が震えた。

バングラデシュのエネルギーは、単に人口が多いからという理由だけではないだろう。

インドの伝統楽器タブラを学んだ。文化や慣習が、楽器によく反映されていた。

トルコのビアバーで飲んだエフェスビールの味。シメのムール貝。

フランスで驚いたことは2つ。物価の高さと、モネの睡蓮。

スペイン、800kmの巡礼。疲れた記憶よりも、仲間たちと笑ってワインを飲んでいる記憶の方が強い。

ポルトガルの坂道と港が、どれだけ美しいか知っているかい。

しばらくぶりにアラビア語を話したモロッコ。素敵な出会いが連続した。

エジプトの海、これだけはいつになっても色褪せずに記憶に残るだろう。

 

日本。成田空港で背負い直したバックパックは、いつの間にか20kgを超えていた。

その重みは、旅の軌跡。安心感。

 

帰国したらまず何をする?なんて長期旅行者の間では定番の質問。

日本食を思う存分飲み食いする。銭湯に行く。

色々と考えたけれど、実際に日本の空気を吸ったら全く別の答えが浮かんできた。

ふと、ある言葉を言いたくなった。深い意味はない。

特定の誰かに、あるいは誰にともなく。

 

ちょっとそこまで、が行き着いた究極。それが旅のきっかけなんだと思う。

大層なことをしているように見えるかもしれないけれど、コンビニに行くことと大して変わりはしない。

たまたま気まぐれを起こして、一つ隣のコンビニまで行っただけ。

知らなければ知らないところほど、案外面白いことが転がっていたりする。

それに気が付けば、また一つ先へ、一つ先へと足を伸ばしてみるようになった。

 

コンビニに行くことが日常の一コマのように、

旅をすることだってただの日常。いつも通り。

 

だから、いつも通りの。

 

ただいま。

 

@Tokyo 2019. May. 28

(2018. Mar. 06 〜 2019. Apr. 30)

旅の終わりに。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2018 SEKAI NO HAJIMARI All Rights Reserved.