100日目の手紙【雑記】

どうも。元気でやっていますか?

僕は元気です。

 

毎日毎日、飽きもせずにミャンマーカレーを食べながら、

日々新しく仲間を作ってはビールにウィスキーを飲み干して笑っています。

ちなみに昨日も夜行バスに乗る前にビールをジョッキで5杯ほど飲んでしまいました。

でも安いのがいけないのです。ビールが約65円で4杯飲むと1杯無料なのがいけない。

ウィスキー700mlのボトルが200円くらいなのがいけない。

恨むのならば、ミャンマーを恨んでください。

 

 

気が付けば、東京を夜行バスで飛び出してから100日が経過していました。

そろそろ、日本出国からも100日を迎えそうです。

 

今は5カ国目のミャンマーですが、この期間をざっくりまとめると

タイ・ラオス・ミャンマー。この3カ国でほぼ全ての日にちを過ごしているのです。

元々長期滞在、いわゆる沈没型のバックパッカーではありますが、このままではいつになったらスーダンに入国できるのか皆目検討もつきません。

今のところ予定のない国々を訪れてしまい、結局随分と先になるのだと思います。

 

 

この後は、バングラデシュからインドへ入ってしばらく滞在してから、9月にはトルコへ飛ぼうかなぁなんて。

思ってはいます。思ってはいますが、きっとどこか魅力的な場所があればまた沈没してしまうのでしょう。

トルコからギリシャ、ブルガリアを始めとして東欧・中欧を周るのも楽しいだろうなぁ。

フランスから巡礼の旅をするのもいい。

それからエジプトかエチオピアを経由してスーダンに入るのはどうだろうか!

 

考えるだけでも楽しいのだから、実際に行った時の満足感は相当なものに違いないのです。

僕らバックパッカーは、やらずにはいられないのです。

だからその日その時にしたいと思ったことをこれからもしていくのでしょう。

 

予定と全く違うルートになっていたら、またどこかで沈没していたら

「やっぱりな」と画面の向こう側でニヤリとしてください。

 

5年後も10年後も笑っていられるように頑張りましょう、ってことです。お互いにね。

 

@Yangon, Myanmar

 

 

追伸:写真はバガンで(そしてバガン王朝で)最も有名なバゴダつまり寺院です。これ以降のパゴダはこいつを参考にしているのだとか。

そうそう、後から数えてみたら100日目はバガンで迎えたようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2018 SEKAI NO HAJIMARI All Rights Reserved.