パンプローナでピンチョスを【星の巡礼】

ピレネーを越えると、山の厳しさはどこへやら。

のんびりとした風景の中を歩いていく。

牧場で牛と日の出を望む。

インドの牛とは、どことなく顔つきが異なるような気がした。

 

 

連日、朝早くから歩く。

これまでの人生にはなかったことだ。そして、きっと巡礼の後にもないのではないかと思う。

だけど、今、こうして歩いていることには意味がある。

どんな意味がかって?それを探すために、サンチャゴへと向かっているのかもしれない。

 

巡礼路は、決して優しいだけの道ではない。

毎年、命を落としてしまう人がいるほど。

そういった人たちへの、一つの鎮魂としてか、道には慰霊碑が建てられている。

それでも歩みを止めてはいけない。

時には慎重に、時には大胆に進んでいかなければならない。

もちろん、ペースは人それぞれ。

歩きたくなった時に歩けばよい。

 

巡礼3日目、パンプローナという比較的大きな街に着く。

巡礼中に通る町は、とても小さい。

商店がない、なんて場所もざらにあるのだ。

だから、ちょっとした規模の街はとてもワクワクする。

フランスから入ると、パンプローナはスペイン側で最初の大きな街だ。

 

スペインの文化、ピンチョスをいただく。

よく冷えたビールに、ピンチョスを2品。

ウニのクリーム焼きはこの店の看板メニューだとか。

もう一品は、半熟の卵が入ったホワイトソース。揚げたじゃがいもや、バゲットを付けて。

食事というのは、巡礼中の最大の楽しみの一つだと思う。

日が昇る前から歩き、日が昇り切る前には宿に入る。

一般的なスペイン人との生活リズムも異なるため、敢えて時間を作らなければ観光するのは簡単ではない。

だから、食することがスペインを感じる一つの方法となる。

 

同時に、食べること、飲むことの大切さや嬉しさを噛み締めることもできる。

節約のため、朝昼はスーパーで買ったバゲットにハムかチーズを挟んで食べていると、尚更ね。

 

 

楽しい時間はあっという間に過ぎていく。

また歩き始めよう。

きっと、次も楽しいことが待っているから。

 

Buen Camino.

 

9/17 ~ 9/19

サンジャン・ピエ・ド・ポー 〜 ロンセスバリュス 〜 スビリ 〜 パンプローナ

総歩行距離:83km

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA